お知らせ

イセ食品からのお知らせです。

東京大学付属牧場公開デーにブース出展、試験鶏舎見学会も実施

  • お知らせ

10月27日(土)、東京大学付属牧場公開デー(10時~15時)に合わせ、東京大学とイセ食品が次世代の養鶏技術の共同研究を行うため建設した試験鶏舎見学会を13時より行います。
この試験鶏舎は、鶏卵の生産技術向上や新商品開発、飼育環境が鶏のストレスにどの様に影響するか等を科学的に研究することを目的に建設されました。
現在、アニマルウェルフェアと呼ばれる動物の快適性に配慮した飼育管理手法が欧州を中心に広がっていますが、それが鶏にとって真に良いことなのか、鶏卵の安心・安全に効果や影響があるのか等を検証し、世界へ向けて研究成果を発信していくことを目的に作られた、未来の食文化を見据えた鶏舎となっています。
併せてブースも出店し、イセ食品が誇る高級卵「伊勢の卵」の試食などを実施。鶏舎から採卵、卵がスーパーに並ぶ配送までを自社一貫管理する「イセ・インテグレーションシステム」も体感していただける機会となっております。
ぜひお越しください。

会場はこちら
東京大学大学院農学生命科学研究科付属牧場
笠間市安居3145

TOPへ戻る