はじまりは たまごの親の親

森のたまごの安心の理由は、農場から店頭まで、たまごの生産を自社で一貫管理しているから。
たまごを産む鶏の、さらに親の鶏から自社で3世代管理。血統書つきの健康な鶏から産まれたヒヨコたちを、採卵鶏として育てています。
鶏舎は、鳥インフルエンザやサルモネラ菌などの細菌感染から鶏を守るため徹底した衛生管理を行っています。たまごを産む鶏の健康のために1羽1羽の食欲や顔色をチェックし、ヒナから一貫して、完全無薬の飼料で育てています。※
産まれたたまごは人の手に触れることなくベルトコンベアーで工場に運ばれ、洗浄やヒビ割れのチェックなどを受け、パック詰めされて店頭に並ぶのです。

※一般的に、生後70日までの鶏の飼料には、病気予防の観点から抗生物質が添加されています。イセグループではヒナにも抗生物質を用いていません。