沿革

明治45年   鶏(ニワトリ)の遺伝、育種改良事業に着手。
大正3年   電熱人工ふ化開始。
昭和4年   農村不況に対応し、農家を統合。共同飼料配合工場および鶏卵共同集荷場を作り、山王家禽組合を共同運営する。農林省より表彰。
6年   農林省岡崎種鶏集合検定で、317卵世界記録を樹立。
7年   農林省岡崎種鶏集合検定で、321卵日本最高記録を樹立。
9年   管理技士をアメリカ、イギリスに派遣し、優秀種を輸入する。
22年   高松宮殿下御台臨。
23年   農林省岡崎種蓄牧場で、戦後初の300卵を記録。農林大臣賞を授かる。
33年   富山県種鶏場に於いて、大卵365卵を作出、世界記録を樹立。
34年   富山県種鶏場に於いて、365卵を作出、2年連続世界記録を樹立。日本養鶏に対する功績により、黄授褒賞を賜る。
37年   シンガポール、フィリピン、タイ、スリランカへ種鶏雛を輸出する。
38年   当時、世界最大の鶏育種会社のアメリカ・ハイライン社と特約ふ化契約を締結し、ハイライン鶏雛の生産販売を開始。
埼玉県鴻巣に分場を開設。
40年   ツリーエッグシステムによる採卵農場(オールイン・オーツアウトシステム)を展開。
41年   採卵部門を拡充、若雌育成事業を開始する。
42年   鴻巣分場にふ化工場を建設。
43年   埼玉県鴻巣市を本社所在地として、イセ食品株式会社を設立。
宮城県中新田G・Pセンター工場完成、稼動開始。
47年   イセ食品本社ビル完成。八千代G・Pセンター工場完成、稼動開始。
50年   横浜、大阪、竜ヶ崎にG・Pセンター工場完成、稼動開始。
52年   東洋一の規模と最新の設備を備えた色麻G・Pセンター工場完成、稼動開始。
鴻巣本社ビル内に鴻巣ラボラトリー(鶏病、食品検査施設)完成。
多摩G・Pセンター工場完成、稼動開始。
53年   七尾、大阪、竜ヶ崎にて加工食品工場一斉稼動開始。
55年   福島県古殿町に冷凍食品工場を建設、稼動開始。
アメリカ・ニュージャージー州にイセアメリカ株式会社を設立。販売量において全米第2位となる。
56年   東京都神田錦町にて東京事務所を開設。岩手県徳田に1,000頭一貫養豚場建設、稼動開始。
茨城県内養豚場を含め、年間30,000頭の純正豚出荷体制を確立。
58年   全米8州で、イセアメリカ・シーボドフーズ(株)展開。クロトンファーム開設。
59年   イセアメリカ(株)、イセアメリカ・シーボドフーズ(株)の合計生産量、販売量とも全米で1位となる。
福島工場増設改装により、生産力倍増。
60年   東京事務所を台東区根岸のイセ食品自社ビルに移転。
小川G・Pセンター完成、稼動開始。
イセアメリカ(株)ニュージャージ農場完成。
鴻巣G・Pセンター工場大改造により、生産量倍増。パック卵販売数量、創業以来の記録を更新。
61年   新潟G・Pセンター工場完成、稼動開始。
63年   小川、飯名、八千代農場に高床式環境調整ウインドレス鶏舎が完成。
平成元年   DHAを豊富に含む「伊勢の卵」の開発に成功。金沢大学で臨床実験成功。有名百貨店で販売開始。
2年   「森のたまご」の発売開始。(旧:杜のたまご)
3年   タマムラデリカ(株)設立。群馬県玉村町に最新工場建設。稼動開始。
4年   鴻巣チルド工場完成、稼動開始。
5年   加須流通(株)設立、竜ヶ崎デイリー工場新設稼動、美野里農場建設稼動、美野里G・P工場併新設。
9年   福島工場第一次増設工事完了。チルド新ライン完成。
コンビニエンストア向けの卵加工製品、製造工場として、イセ食品より分社、イセデリカ(株)設立。
「森のたまご」がブランド卵で日本国内1位の販売数量を記録。
12年   イセ食品(株)美野里パッキング工場(茨城県美野里町)が業界初のISO9001を取得。
「森のたまご」が鶏卵で初の栄養機能食品に認定される。
13年   つくばファーム稼動開始。
14年   石岡PK工場稼動開始
(有)美咲ファーム稼動開始。
15年   岡山PK工場稼動開始
岡山液卵工場稼動開始。
18年   有限会社伊勢農場GP工場稼動開始。
ディズニーとライセンス契約。ディズニーくらしのたまごを販売開始。
19年   三井物産と鶏卵の生産・販売を行う合弁会社「伊勢農業有限公司」を中国で設立。
22年   「森のたまご」が発売20周年を迎える。
23年   「フード・アクション・ニッポン アワード2010」(プロダクト部門)に入賞。
24年   グループ創業100周年を迎える。

▲ページTOPへ